ガーデニングを始めてみよう

ガーデニングは、年齢を問わず人気の趣味となっていますが、特に定年退職後のシニア世代にとっては、大人気の趣味となっています。家の庭を色とりどりの花と緑でいっぱいにすることの楽しさと喜びは、他の趣味ではなかなか味わえません。

スポンサーリンク

 

シニアとガーデニング

仕事を辞めて家にいるけれど、何の趣味もなく、毎日何をしたらいいかわからないというシニアの方は、まずガーデニングから始めてみませんか?

ホームセンターや園芸店に行き、季節の鉢植えの花をいくつか購入し、それを玄関の周りに並べてみたり、ベランダに並べてみるだけでも立派なガーデニングです。もちろん、水やりをしたり、虫がついていたら取り除いたり、衰弱しているようなら肥料をあげたりといった面倒を見なければなりませんが、それが楽しいと感ずることができれば、趣味としてガーデングをやって行くことができます。

慣れて来たら、土作りから始めて、種まき、育苗、植え替えなどにも挑戦してみましょう。

 

初めてのガーデングでそろえる物

ガーデニングでそろえる物は多種多様ですが、まずは次のような必要最低限のものを揃えましょう。ガーデニングに必要な殆どのものは、園芸店、ホームセンター、通販などで購入することができます。

 

●ジョウロ

水やりに使います。広範囲にたくさんの植物に水をやる場合は、散水ホースを使用したほうが楽ですが、最初はジョウロがあれば十分です。

 

●スコップ

土を掘り起こしたり、苗を植え替えたりするときに使います。100円ショップでも売っています。

 

●鉢・プランター

育てる花や植物により、大きさや深さを決めます。中には、庭に直に植えたほうが良いものもあります。

 

●土

土には色々な種類のものがありますが、育てる花や植物の種類により決めましょう。鉢やプランターで育てる場合は、鉢底土も必要です。

 

●肥料

肥料にも腐葉土や油粕、液体肥料などさまざまなものがあります。どんな肥料が良いかわからない場合は、園芸店などで尋ねてみましょう。

 

●軍手・ゴム手袋

ガーデニングは、土や肥料などを扱うので、軍手やゴム手袋で手を守るようにしましょう。

 

●帽子

直射日光や紫外線は健康に害を与えます。ガーデニングに夢中になっているとつい忘れてしまいがちですが、外では必ず帽子をかぶるようにしましょう。

 

 

初心者に育てやすい花

最初からランやボタンなどの難しい花に挑戦すると、高確率で枯らしてしまいます。せっかく見つけた楽しい趣味を継続するためにも、次のような初心者に育てやすい花から挑戦しましょう。

 

●ゼラニウム

真夏と真冬以外は花を咲かせる多年草で、育てやすく、長く花を楽しむことができます。

 

●キンギョソウ

春に、金魚のような形をした花が房になって咲きます。花の色は白、ピンク、黄色、赤などがあり、鉢植えやプランター植えのほか、庭に植えても見事です。

 

●マツバギク

春から初夏にかけて、菊のような可憐な花が咲きます。葉は棒状で松葉のような形をしているため、この名がついています。ほぼ植えっぱなしで良く、ガーデニング初心者にも丈夫で育てやすい植物です。

 

●アリッサム

2月から6月にかけて、白や赤、紫の小さな花がびっしりと咲きます。丈夫で育てやすく、芝生の横に植えたり、春の花と一緒に寄席植えにするなど、色々なアレンジが楽しめます。

 

●サルビア

夏から秋にかけて独特の形をした花が咲きます。真っ赤なサルビアが一般的ですが、最近はブルーのサルビアなどもあります。

 

●インパチェンス

初夏から秋にかけて長期間咲き続け、半日陰でも育ちます。花の色は赤、白、ピンク、オレンジなどがあります。

 

●アサガオ

夏の朝に咲くアサガオは、美しい花の色と、ラッパのような花の形が魅力です。種から蒔いて育てますが、支柱を伸ばして緑のカーテンとして仕立てることもできます。

 

●カランコエ

サボテンの仲間で、乾燥に強く、丈夫で育てやすい花です。鉢で育てますが、秋から春に小さな可愛い花をつけます。

 

●パンジー

育てにくいイメージがありますが、冬の寒さにも強く、病害虫にも強いことから、初心者でもきれいな花を咲かせることができます。鉢植え、プランター植え、庭植えと色々な植え方ができます。

 

●ハーブ類

花や香りを楽しむほかに、料理に使ったり、お茶として飲んだりできるハーブ類は、意外と育て方も簡単です。おすすめのハーブとして、チャイブ、バジル、ローズマリー、タイム、ルッコラ、カモミール、レモンバームなどがあります。

 

スポンサーリンク