60歳になったらもらえる年金とは?

個人に送られて来る「ねんきん定期便」の中身を良く見てください。60歳からの支給額が記入されている方は、60歳から年金がもらえます。これは「特別支給の老齢厚生年金」というもので、生年月日によってそれぞれの支給開始年齢が異なります。

スポンサーリンク

 

特別支給の老齢厚生年金をもらおう!

平成12年に年金制度が見直されましたが、このときに老齢厚生年金の受給開始年齢が65歳に引き上げられました。しかし、いきなり65歳からと言われても、高齢者の雇用環境も十分に整っておらず、何の準備もできていない国民にとっては非常に困ります。

そのようなことも考慮され、しばらくの間は65歳の満額受給になるまで「特別支給の老齢厚生年金」を支給し、その受給開始年齢を3年ごとに1歳ずつ段階的に引き上げることになったのです。

60歳から64歳までの間だけ受け取れる「特別支給の老齢厚生年金」は、「報酬比例部分」「定額部分」「加給年金額」の3つの部分から成り立っており、もらえる額も受給できる年齢も人によりまちまちです。

計算方法も非常に複雑でわかりにくいため、「ねんきん定期便」を確認するのが、一番確実です。

 

60歳から年金をもらう場合の注意事項

「特別支給の老齢厚生年金」は、あくまでも年金支給開始年齢引き上げの暫定措置として設けられたものであるため、いずれは消滅してしまうものですが、60歳から年金がもらえるものと思って一生懸命働いてきた私達には、堂々と受給する権利があります。

しかし、特別支給の老齢厚生年金を受給するためには、次のような注意事項があります。

 

●繰り上げ受給・繰り下げ受給はできない

特別支給の老齢厚生年金に関しては、60歳になる前に繰り上げ受給をしたり、少しでも増額するために繰り下げ受給するということができません。

 

●仕事を続けた場合、年金が調整されることがある

特別支給の老齢厚生年金は、仕事をしていても受給できますが、例外もあります。60歳以降も会社員として仕事を続け、厚生年金に加入する場合、老齢厚生年金の一部または全部が支給停止になることがあります。

 

●失業保険を受給すると支給停止になる

仕事をしていて、60歳から65歳の間に失業するということもあり得ます。ハローワークで手続きをして、失業保険を受給する場合、その間は特別支給の老齢厚生年金は支給停止になります。失業保険の額と年金の額を比べて、多いほうを選択したほうが得ということになります。

 

スポンサーリンク