スマートフォンを使ってみよう

現在の若者の間で、ユーザーが激増していると言われるスマートフォン。略してスマホなどと呼ばれていますが、今までの携帯電話ユーザーの多くがスマートフォンに移行していると思われます。それと平行して、中高年世代やシニア世代にもスマートフォンの愛用者が増えています。

スポンサーリンク

 

シニアとスマートフォン

この便利で楽しいと言われるスマートフォンは、若い世代だけのものというわけではありません。私達シニア世代も、もっとスマートフォンに興味を持ち、使いこなして行けたら、毎日の生活がさらに楽しく便利なものになるのは間違いありません。

今まで、パソコンや携帯電話を使用したことのあるシニアの方なら、すんなりとスマートフォンも使用できます。スマートフォンは、携帯できる小さなパソコンのようなものだからです。外出先で通話ができたり、カメラの機能もついているので、むしろパソコン以上に便利かもしれません。

 

【スマートフォンでできること】

スマートフォンは、機種や携帯電話会社によって機能が多少は異なりますが、多くの場合、次のようなことができます。

●ネット閲覧ができる
パソコンと同じように検索機能があり、ネット閲覧ができます。最初は小さな画面にサイト全体が表示されますが、画面を指で触れて部分的に拡大することもできます。

●メールができる
パソコンや携帯電話と同じようにメールができます。パソコンや携帯電話のメールアドレスをそのまま使用することもできます。

●通話ができる
携帯各社と契約すれば、携帯電話と同じように通話ができます。「LINE」というアプリを使えば、無料で好きなだけ通話やメールが楽しめます。

●写真撮影ができる
殆どのスマートフォンには、カメラ機能が搭載されているので、屋内でも屋外でも好きな時にカメラが使えます。撮った写真は、好きなように加工したり、パソコンに送ったり、メールに添付したり、保存しておくこともできます。

●動画が見られる
ユーチューブなどの動画を見る事ができます。

●地図検索やGPS機能が使える
設定することにより、地図検索はもちろん、GPS機能が使えます。車のナビと同じように行き先を指定するだけでスマホが道順をナビゲーションしてくれるので、道に迷った時などはとても頼りになります。

●ネットショッピングができる
わざわざパソコンを立ち上げなくても、スマートフォンで欲しい商品を探したり、注文をしたりすることができます。

●テレビを見たりラジオを聴いたりすることができる
ワンセグ機能のついているスマートフォンでは、テレビを見たり番組を録画することもできます。また、ラジオ用のアプリをダウンロードして入れておけば、ラジオを聴くこともできます。

●ツイッターやフェイスブックに投稿できる
ツイッターやフェイスブックを利用している方は、スマートフォンから簡単に投稿することができます。

●その他
機種により計算機や歩数計の機能がついていたり、動画編集ができたり、相手の顔を見ながら通話できたり、そのほか、色々なアプリをダウンロードすれば、さらに色々な使い方ができます。

 

【シニア向けのスマートフォン】

シニア層のスマートフォンユーザーが徐々に増加していますが、現在、販売されているシニア向けスマートフォンには次のようなものがあります。

●らくらくスマートフォン
ドコモが50代、60代のシニア層向けに販売しているもので、操作画面がシンプルでボタンが大きく押しやすくなっています。通話時の受話口も大きめで、声が聞きとりやすいという特徴があります。
また、家族とのコミュニケーションを想定した「ファミリーページ」では、離れて暮らしている子供からの写真やメッセージを自動で表示できるようになっています。

●BASIO(ベイシオ)
au初のシニア向けスマホとして発売されたもので、利用頻度の高い電話やメールボタンがわかりやすく配置され、電話がかかって来るとボタンが光ってすぐにわかるようになっています。
その他、京セラ製のAndroidを搭載しているため、さまざまなアプリをダウンロードするなど、スマートフォンとしての機能はほとんど使えます。

●シンプルスマートフォン
ソフトバンクが販売しているシニア向け「シンプルスマホ SoftBank 204SH」は、ひとつの画面に表示されるアイコンの数を少なめにし、ボタンも大きめで迷わずに操作できるような工夫がされています。
また、音声操作にも対応しているため、音声による文字入力が可能となっています。

●PandA
シニアだけでなく家族全員で使える格安スマホとして人気になっているのが、フリービットが開発した「PandA」です。速度は300kbpsと、高速ではありませんがデータ通信量に制限はなく、端末料金込みで月額2000円となっています。
家族登録したPandA間では、写真やデータを共有でき、GPSデータを利用すれば「どこに行って、今どこにいるか」ということもわかるため、子供や親の見守りツールとしても活用できます。

 

スマートフォンを使用するには、端末(スマホ本体)の料金のほかに月々の通信料が必要です。また、データ通信量が制限されていたり、最低限の契約期間が決められている場合もあります。

これからスマートフォンを持ってみたいというシニアの方は、それぞれのスマートフォンの機能や価格、接続方法、接続料金などを良く比較検討した上で契約・購入されることをおすすめします。

 

スポンサーリンク