顔のシワができる原因とは?

いつまでも若いつもりなのに、ふと気がつくと顔にいくつものシワが・・・。シニアにとっては、こんなショックなことはありません。どんなにアンチエイジングだなんて頑張ってみても、シワがそれを台無しにしてしまうからです。顔のシワは、いったいどうしてできるのでしょう。

スポンサーリンク

 

【顔にシワができる原因】

●肌の弾力がなくなる

肌の老化と言ってしまえばそれまでですが、皮膚は20歳で完成され、20代後半からは老化が始まるとされています。肌には、コラーゲンやエラスチンと呼ばれる細かい繊維が張り巡らされていて、水分や栄養分を含んでぷっくりと膨らんでいます。ところが、肌が老化するに伴い、繊維部分は細くなり、そこに蓄えられる水分や栄養分も少なくなってきます。その結果、肌は弾力を失い、シワができます。

 

●顔の筋肉が弱くなる

顔には無数の筋肉があり、その動きによって複雑な表情を作ったりしています。しかし、加齢に伴いこの筋肉が衰えて下がって来るため、顔全体がたるんで来ます。筋肉に支えられている皮膚も一緒に下がって来ますが、たるんでヒダになった部分がシワになります。

 

●肌の水分不足と乾燥

加齢により、肌に含まれる水分が減少して来ると、表面が乾燥してカサカサになり、肌の表皮がしぼんで細かいシワとなって現れます。「カラスの足跡」とか「ちりめんじわ」とか言われる目の周りのシワは、肌の水分不足と乾燥が原因です。

 

●皮脂の分泌量が低下する

皮膚の表面を保護し、うるおいを保つ役割のある皮脂の分泌量は、20代でピークに達し、その後は徐々に減少して行きます。皮脂の分泌量が低下すると、皮脂膜も薄くなり、皮膚へのダメージはダイレクトに角質層へと伝わり、シワとなります。特に皮脂腺の少ない口の周りや目の周りは、シワができやすくなります。

 

●紫外線の影響

室内より戸外での仕事が多かったというシニアの方は、シワが増える傾向があります。それは、紫外線によって肌がダメージを受け続けて来たからです。皮膚には、コラーゲンやエラスチンといった細かい繊維が張り巡らされていますが、紫外線はこのような繊維を切断してしまうため、弾力を失い、たるみやシワとなってしまうのです。

 

●間違ったスキンケア

肌に合わない化粧品や、洗浄力の強い洗顔料、刺激のある保湿剤やクリームなど、間違ったスキンケアでシワができることがあります。特に、クレンジングや洗顔料の使いすぎは、肌を守っている皮脂まで取り除いてしまい、肌が乾燥してシワができたり、雑菌が繁殖してニキビや吹き出物ができやすくなります。

 

●精神的なストレス

精神的なストレスも、シワを増やす大きな要因のひとつです。ストレスが溜まると、顔色が悪くなり血行も悪くなりますが、自律神経のバランスも崩れ、活性酸素が過剰に発生します。その結果、正常な細胞が攻撃されたり破壊されたりし、シワができやすくなります。

 

【関連ページ】

 

スポンサーリンク