豊かな老後に必要な生活費

楽しいシニアライフを手にするためには、経済的な問題は避けて通れません。豊かな老後のために必要な最低限の生活費は確保しておく必要があります。

では、その必要な最低限の生活費とは、いったいどのくらいなのでしょう。

スポンサーリンク

 

最低限22.3万円は必要

総務省の「家計調査」による試算では、65歳以上の高齢者世帯(夫婦二人)で持ち家がある場合、平均的な一ヶ月当たりの生活費は22.3万円とされています。これには食費のほか、水道光熱費、税金などが含まれていますが、冠婚葬祭にかかわる費用や住宅のリフォーム費用などは含まれていません。ゆとりのある楽しいシニアライフのためには、22.3万円にプラスアルファが必要ということになります。

また、アパートやマンションなどに住んでいる方は、当然のことながら家賃の分を計算に入れておく必要があります。持ち家がある場合でも、住宅ローンの支払いが残っている方は、やはりその分を考慮しておかなければなりません。

 

さらに注意しなければならないのは、今後の日本はインフレに向かう可能性が高いということです。物価高に加え、消費税増税、そしてインフレと続けば老後の生活費はいくらあっても足りないという状況になるかもしれません。必ずしもそうなるわけではありませんが、いざとなって慌てないためにも、そのようなリスクがあることは頭に入れておきましょう。

 

老後の収入源を確保しておこう

現在は、定年後再雇用制度というものにより、本人が希望すれば65歳まで働けるようになっています。65歳からは年金の満額支給が始まるため、多くの人にとって老後の収入の大半は年金収入に頼ることになります。

年金収入だけでは足らない場合、退職金や預貯金を取り崩すという方法がありますが、できれば何らかの収入源を確保しておきたいところです。

その方法として、年金を受給しながら働く、独立起業して利益をあげる、公的年金以外の個人年金を受給する、預貯金の利子収入を得る、不動産収入を得る、その他の投資による収入を得るなどがあります。また、見逃されがちですが、「子供や孫と同居してお互いに助け合う」という方法もあります。

 

スポンサーリンク