シャンプーしながら白髪を染める

「白髪染めにはちょっと抵抗がある」「周りに気づかれずに白髪を染めたい」というシニアの方におすすめなのが、シャンプーをしながら白髪を染める方法です。即効性はありませんが、頭皮や髪の毛を傷めることなく、ゆっくりと自然に染めることができます。

スポンサーリンク

 

白髪染めシャンプーとは?

シャンプー液の中に白髪染めの染料が入っているもので、通常のシャンプー液の代わりに白髪染めシャンプーで髪を洗うことにより、徐々に白髪を染めて行くというものです。
特に道具を用意する必要もなく、放置時間も必要ないので、手軽に染めることができます。何度か繰り返しシャンプーすることにより白髪が染まって行くので、すぐに染めたいという場合はおすすめできませんが、周囲に気づかれないうちにさりげなく染めることができます。
白髪染めシャンプーは、単体で使用するものもありますが、リンスとセットになっているものも販売されています。

しかし、白髪染めシャンプーにはメリットもあればデメリットもあります。

 

●白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプーのメリットとして、まず挙げられるのは頭皮や髪の毛への負担が少ないことです。一度脱色してから染めるヘアカラーなどは、きれいに染まる反面、化学薬品を使用しているため頭皮や髪の毛が相当のダメージを受けます。
一方、天然色素で作られた白髪染めシャンプーは、髪の毛の色を脱色することなく、徐々に色素が浸透して行くため、頭皮や髪の毛へのダメージは殆どありません。そのため、今まで白髪染めをあきらめていた敏感肌やアレルギー肌の人でも、白髪染めシャンプーなら気軽に使うことができます。
染め方も、放置時間は必要なく、ただ髪の毛を洗うだけなので手軽に使用することができます。
また、時間をかけて全体的に少しずつ染めて行くため、分け目や生え際の白髪だけが目立つということもありません。

 

●白髪染めシャンプーのデメリット

白髪染めシャンプーで白髪を染めようとした場合、一度使っただけではほとんど色が入らないというデメリットがあります。ある程度黒く染まるまでには10日から2週間ほどかかるため、すぐに染めたいという方には向きません。
また、ヘアカラーに比べると色の種類が少なく、好みの色がないという場合もあります。
浴室でシャンプーしながら染めることができますが、染料があちこちに飛び散ってしまうため、拭き取る手間がかかるというデメリットもあります。
一度色がついてしまえば、継続的に使うことによりきれいな色を保つことができますが、意外にコストがかかるというのもデメリットのひとつです。

 

●おすすめの白髪染めシャンプー

◆螺髪シャンプー&ヘアパック

「螺髪(らはつ)シャンプー」は、ヘナとヘマテインの2つの天然染料で染める白髪染めシャンプーです。アロエエキス(天然植物保湿剤)とリピジュア(エモリエント成分)が配合されているので、つややかで滑らかな髪の毛を保ちます。


>>白髪を染めるシャンプー「螺髪EX」

 

◆黒耀シャンプーQS&ヘアパックQS

「黒耀(こくよう)シャンプー」は、奄美大島の車輪梅(シャリンバイ)を配合した植物色素で髪の毛を染めて行きます。10年以上も売れ続けている人気の白髪染めシャンプーで、男性にも女性にも使用できます。

【即納】白髪染め黒耀シャンプーQS&ヘアパックQS【当日発送】【これこれ倶楽部】

【関連ページ】
白髪が増えた!白髪ができる原因は?
シニアの白髪対策
トリートメントで白髪を染める
食べ物で白髪を予防・改善するには?

 

スポンサーリンク