田舎暮らしを決める前に検討しておきたい事

田舎暮らしは、単なる夢や憧れだけで決定してしまうと、「こんなはずではなかった」と失望する結果になりかねません。田舎暮らしのメリットとデメリットを踏まえつつ、次のようなことを参考にじっくりと検討することをおすすめします。

スポンサーリンク

 

●田舎暮らしで何がやりたいかを確認する
まずは、田舎に移住して何がやりたいのかを確認しておきましょう。田舎暮らしには、メリットがたくさんありますが、反面デメリットもたくさんあります。単に「老後は静かな田舎に住んでみたい」といった漠然とした理由だけで移住してしまうと、デメリットばかりが目に付いてしまい、失望を招く結果になってしまいます。
デメリットをはね返すだけの目的や目標をしっかりと持つことが、田舎暮らしを成功させるコツです。

 

●移住のための資金は?
田舎暮らしを決心した場合、ある程度の資金が必要になります。最近は、庭や畑のついた古民家が格安で売られていますが、どこにどのような物件があるか、どのくらいの資金が必要か、しっかりと情報収集しておきましょう。その上で住居や引越しの費用などを準備しておくことが大切です。

 

●移住後の生活費は大丈夫か
移住後の生活を安定させるためには、収入の確保も重要です。年金だけで生活できるのかどうかをしっかりとチェックし、不足するようなら収入源を確保しておく必要があります。

 

●家族の意見は?
老後の田舎暮らしは、自分ひとりだけの問題ではありません。家族全員で移住する場合はもちろん、そうでない場合でも家族の意見や希望をよく聞いて決める必要があります。家族の意見を無視して強引に田舎暮らしを始めてしまうと、思いがけない問題が噴出する可能性があります。

 

●親戚づきあいは可能か
離れた場所に暮らしても、親戚との関係は継続します。親戚で冠婚葬祭などの行事が発生した場合、無理なく出席できる距離にあるかどうかも検討しておく必要があります。

 

●健康問題・医療環境
老後の済む場所を決める場合、健康問題は必ず考慮しておく必要があります。特に何らかの持病を持っている場合、また定期的に病院通いをしている場合などは、近くに病院がないと田舎への移住は難しいかもしれません。また、今は健康でもいつ大病に見舞われるかもわかりません。医療環境についてもしっかりと調査しておきましょう。

 

●食料品、日常雑貨品の購入先
日々の生活に必要な食料品や、洗剤・トイレットペーパーなどの日常雑貨品はどこで購入するか決めておきましょう。現代はネット通販なども利用できますが、停電やその他のトラブルで購入できなくなるリスクもあります。そのような場合も想定して、近くにスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどがあるかどうかも調べておきましょう。

 

●駅・銀行・郵便局までの距離
自家用車があればあまり気にしなくても大丈夫ですが、駅・銀行・郵便局までの距離もチェックしておく必要があります。先々、高齢となり車の運転ができなくなることもあるので、駅・銀行・郵便局などの主要施設はできる限り近くにあるところが望ましいと言えます。

 

●気候・自然環境
移住先があまりにも寒すぎたり、暑すぎたりした場合、そこに住むこと自体が苦痛になってしまいます。また、土砂崩れの危険がある場所や、川が氾濫して洪水が起こる可能性がある場所、雪に埋もれて孤立してしまう危険性のある場所、火山のすぐ近くなど、周囲の自然環境は十分に調べてから移住先を決めるようにしましょう。

 

【関連ページ】
第二の人生でやりたいことを決める
豊かな老後に必要な生活費
老後の田舎暮らしを考えてみる

 

スポンサーリンク