高血圧はサイレントキラー

高血圧を甘く見てはいけません。高血圧はサイレントキラー(静かなる殺し屋)と言われるように、本人が知らないうちにじわじわと体を蝕んでくるからです。血圧が高くても最初はまったく自覚症状がないため、そのまま放っておきがちですが、気がついたときには重大な病気にかかっているという可能性もあります。

スポンサーリンク

 

高血圧はなぜ危険?

高血圧は、血管を流れる血液の圧力が高い状態ですが、この状態が続くと心臓や血管に負担がかかります。
この負担に耐えようとして、心臓は心筋を増やして大きくなり、心肥大の状態になります。さらに通常より高い圧力で血液を送り出さなければならないため、非常に疲れやすくなります。

血管のほうは、血液の流れる圧力に耐えようとして厚く硬くなりますが、それでもどんどん高い圧力で血液が流れて来るので、血液の成分が血管壁の内側まで入り込んで来ます。そこにコレステロールなどが沈着し、徐々に血管の内側が狭くなり壊れやすくなります。これが動脈硬化で、それでも血圧が高い状態を放っておけば、さらに動脈硬化が進行しやがて血管が詰まってしまいます。

動脈硬化は全身で起こりますが、特に重要な臓器である脳や心臓で起こりやすくなります。脳の血管が詰まると脳梗塞や脳出血などを起こし、心臓の血管が詰まると心筋梗塞や狭心症の発作として現れます。

また、動脈硬化は腎臓にも影響を与えます。太い血管ばかりではなく、細い血管まで狭くなると、毛細血管が集まっている腎臓の働きが悪くなり、腎硬化症から腎不全になることもあります。

高血圧自体は、自覚症状がまったくありませんが、このように見えないところで重大な病気が進行している可能性があります。
健康で長生きするためには、血圧のコントロールはとても重要です。

 

スポンサーリンク