ほうれい線を薄くする方法

できてしまったほうれい線を完全に消すことは難しいかもしれませんが、今よりも薄くするだけでも若々しい雰囲気になります。ほうれい線を薄くするには、ある程度の根気が必要ですが、いくつかの方法があります。自分に合った方法を選び、ぜひチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

 

 【ほうれい線を薄くする方法とは?】」

●舌の運動をする

「ベロ回し体操」とも言われる舌の運動は、始めてから三日目で「ほうれい線が薄くなった!」という人もいるほど、ほうれい線を薄くするための効果的な方法として知られています。

やり方は簡単で、口を閉じて舌を歯の表面に沿ってグルグルと回すだけです。これを左回りに20回、右回りに20回を1セットとして、1日に3セット行います。

この「ベロ回し体操」をすることによって、口周りの筋肉が鍛えられ、血行が促進されます。また、顔のゆがみを改善し、肌にハリを持たせる効果があるため、ほうれい線を薄くする効果があると考えられています。さらに、二重あごの改善や口臭の予防にもなります。

 

●口の中をふくらませる

空気の力を利用してほうれい線を薄くする方法です。口の中に空気をいっぱいに含んで、ほっぺたをふくらませます。左右のほっぺたを交互にふくらませても、同時にふくらませても自由ですが、シワをぴんと伸ばすつもりでやってみてください。

気づいた時に毎日やることにより、1週間後くらいには効果が実感できます。

 

●あいうえお体操をする

頬の筋肉と口の周りの筋肉を鍛えることにより、ほうれい線を薄くする方法です。大きな口を開けて「アー、イー、ウー、エー、オー」と発音しますが、実際に声は出しても出さなくてもかまいません。ひとつひとつの音をゆっくりと、大げさなくらいに口を動かして行うのがコツです。

この「あいうえお体操」を前を向いて行うほか、上を向いて行ったり、下を向いて行ったりするとさらに効果的です。

 

●マッサージをする

ほうれい線の上や、ほうれい線の周囲を人差し指、中指、薬指の3本の指で、もみほぐすようにマッサージをします。さらに頬の筋肉につながる側頭部と耳周りを3本の指でマッサージすることにより、頬の筋肉が動きやすくなるため、ほうれい線の改善につながります。

 

●フェイスマスクを利用する

マッサージがほうれい線の改善に良いとわかっているけど、やるのはめんどう・・・という方におすすめなのが、フェイスマスクです。

お風呂用フェイスマスク「揉まれるフェイスマスク」は、自宅のお風呂で簡単にほうれい線のケアができます。特殊形状のシリコーン突起が表情筋を刺激して、たるんだ肌をマッサージしつつリフトアップします。さらにマスクのラッピング効果により、サウナのような発汗作用があるため、目元のたるみや顔全体のむくみ、二重あごの改善も期待できます。

顔のリフトアップに「揉まれるフェイスマスク」

●美顔器を利用する

美顔器は、ほうれい線対策にも使用できます。特に超音波を利用した美顔器は、1秒間に数百万回もの振動を肌細胞に与え、滞っている血液やリンパの流れを良くする効果があります。その結果、肌のターンオーバーを促進し、ほうれい線やその他のシワを薄くしたり、ハリと弾力のある肌へと変えて行きます。

数ある美顔器の中でも評判の良い「エステナードソニック」は、専用のジェルを使用しますが、メラニンの生成を抑える働きもあるので、シミやソバカスを防ぐこともできます。

美顔器!>>エステナードソニック<<

【関連ページ】

 

スポンサーリンク