シニアと健康

「シニアと健康」カテゴリの記事一覧です。

楽しいシニアライフをおくるためには、何よりも健康が大切です。

健康は、毎日の地道な努力によって作られます。

シニアと健康

体に溜まる毒素を抜く方法

60代、70代になると血圧や骨量などが気になりますが、体に溜まった毒素にも注意を向ける必要があります。毒素は、食事や呼吸、皮膚などから入ってきて自然に体内に溜まって行き、健康にも影響を与える可能性があるからです。この毒素を抜く方法を知っておきましょう。
シニアと健康

命の回数券・テロメアを伸ばすと寿命が延びる?

60代、70代になると、身近な人の訃報に接することが多くなります。そこでふと考えてしまうのが「自分はあと何年生きられるんだろう」ということです。健康で長生きすることができれば申し分ありませんが、どうやらその秘密の鍵は「テロメア」にあるようです。
シニアと健康

ゆっくり走るスロージョギングで体力作り

ジョギングやランニングで体力作りをしたいけど、なかなか続かないというシニアの方におすすめなのが、スロージョギングです。スロージョギングは、歩くのと同じくらいの速さでゆっくり走るので、腰やひざへの負担も少なく楽しみながら続けることができます。
スポンサーリンク
シニアと健康

定年退職後の無気力状態から「うつ」になることがある

長い間勤めてきた会社を定年退職すると、肩の荷が下りると同時に無気力になってしまうことがあります。何もやる気が起こらなくなり、それが何日も続くといつしか「うつ状態」になってしまうことがあるので、注意が必要です。
シニアと健康

閉眼片足立ちでバランス感覚を鍛える

足の筋力やバランス感覚の衰えを調べる方法として、「開眼片足立ちテスト」と、「閉眼片足立ちテスト」というものがあります。「開眼片足立ちテスト」は、文字通り目を開けて片足で立ち、その秒数を計るというもので、運動器不安定症の診断にも使われています。
シニアと健康

運動器不安定症を予防して楽しいシニアライフを!

世界的に平均寿命が延びているのはとても喜ばしいことです。しかし、思うように身体が動かせなくなる「運動器不安定症」になってしまったら・・・。手放しで喜んでもいられません。
シニアと健康

次々と骨折するドミノ骨折に注意

シニアにとって骨折は寝たきりの大きな原因になるため、日頃から十分に注意する必要があります。さらにひとつの骨折がきっかけとなり、背骨や大腿骨(太ももの骨)などが次々と骨折してしまう「ドミノ骨折」というものもあるので、こちらも要注意です。
シニアと健康

寝たきりを避けて楽しい老後を過ごそう

長寿大国と言われる日本ですが、どんなに長生きしても寝たきりだったら、幸せな老後とは言えません。楽しい老後を迎えるには、何としても寝たきり状態になるのは避けたいですね。
シニアと健康

ストレスが溜まると血圧が上がる?

イライラしたり、カッカしたり、いやな事があってそれが頭から離れなかったり、心配事があって夜も眠れない日が続いたりと、知らないうちにストレスが溜まっている事がよくあります。
シニアと健康

血圧を自力で安定させる方法

多くのシニアにとって、高血圧はちょっと気になる存在です。しかし、自覚症状がほとんどないため、少し高めとわかっていても放置してしまうことがあります。高血圧は、重症化する前に自力で安定させる努力をしてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました