食べ物で白髪を予防・改善するには?

髪の毛は、食べ物の栄養素から作られます。そのため、健康な黒髪を作る栄養素をしっかり摂れば、多くのシニアを悩ませる白髪を予防・改善することができます。白髪の予防・改善に有効とされる食べ物には、次のようなものがあります。

スポンサーリンク

 

【白髪を予防・改善する食べ物】

●黒ゴマ

白髪の予防・改善に効果があったという口コミが、ネット上で最も多いのが「黒ゴマペースト」です。黒ゴマには、セサミン、マグネシウム、亜鉛、鉄、カルシウム、銅、鉄、マンガン、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2など多くの栄養素が含まれているため、健康な黒髪を作る元となるメラニン色素がたくさん作られて、白髪を予防・改善すると考えられています。
黒ゴマペーストは、すりつぶした黒ゴマとハチミツを、1対1の割合でとろりとするまで混ぜ合わせて作ります。これをトーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、ホットミルクに入れたりして、毎日食べるようにしてみてください。

●アーモンド

抗酸化力の高いビタミンEが豊富なアーモンドは、メラニン色素を作るメラノサイトを活性化させます。また、白髪の発生を抑えてくれると言われているミネラルの一種、銅も豊富に含まれています。
特にナッツ類には、生命を成長させるエネルギーが凝縮されており、それが健康な黒髪を成長させるエネルギーへつながると考えられています。

 

●海藻類

わかめや昆布、のり、ひじきなどの海藻類には、ミネラルの一種であるヨードが豊富に含まれています。ヨードは、メラニン色素を生成するメラノサイトの働きを活発にするため、白髪予防や白髪の改善に役立ちます。
ただし、はやく白髪をなくしたいからと、海藻類を毎日大量に食べるのは避けましょう。ヨードばかりを過剰に摂取すると甲状腺の病気を招くことがあるからです。

 

●大豆・大豆製品

毛髪の主成分はタンパク質なので、健康な黒髪を作るためには良質なタンパク質を食事から摂る必要があります。他の栄養素が足りていてもタンパク質が不足すると、髪の毛全体の元気がなくなり白髪や抜け毛が増えてくるからです。良質なタンパク質の代表的な食品が大豆や大豆製品です。
特に納豆や豆腐には、タンパク質のほか髪の毛を黒くするメラニン色素の原料となる「チロシン」が、豊富に含まれています。

 

●牡蠣・海老

牡蠣や海老には、ミネラルの一種である亜鉛が含まれています。亜鉛には、細胞分裂を促進し、摂取したタンパク質を髪の毛の栄養分に変換させるという重要な働きがあります。髪の毛の主成分であるタンパク質をしっかり摂るとともに、亜鉛を含む食品を摂ることにより白髪予防・白髪改善になります。

 

●野菜・果物

白髪の予防・改善には、ビタミンが豊富な野菜、果物類も欠かせません。ビタミンCには、メラノサイトの老化を促進する活性酸素の活動を抑える働きがあり、ビタミンB12や葉酸は、黒髪の元であるメラニンの生成を促進する働きがあります。また、血行促進効果のあるビタミンA、ビタミンEをしっかり摂ることにより、頭皮や髪の毛に必要な栄養分が隅々まで行き渡るようになります。

 

【関連ページ】

白髪が増えた!白髪ができる原因は?
シニアの白髪対策
シャンプーしながら白髪を染める

 

スポンサーリンク