体に溜まる毒素を抜く方法

60代、70代になると血圧や骨量などが気になりますが、体に溜まった毒素にも注意を向ける必要があります。

毒素は、食事や呼吸、皮膚などから入ってきて自然に体内に溜まって行き、健康にも影響を与える可能性があるからです。

この毒素を抜く方法を知っておきましょう。

体に溜まる毒素とは何か?

毒素の中で最も多いのは、食べ物や飲み物と一緒に身体に入ってしまう食品添加物や野菜に付着した農薬、魚や海藻に含まれるカドミウムや水銀、ニッケル、ヒ素などです。

呼吸や皮膚などから入る毒素には、大気汚染物質、車の排気ガス、たばこの煙、ゴミを燃やした時のダイオキシンなどがあります。

このような物質は、「有害ミネラル」とか「有害化学物質」と呼ばれますが、1日の摂取量は微量でも何年もの間溜まり続けると、思わぬところで健康に悪影響を与えます。

 

毒素が溜まるとどんな症状が出るか

私たちが体の中に取り入れてしまう有害ミネラルや有害化学物質は、ごく微量なので通常はさほど健康に影響を与えることはありません。

また、便や尿、汗などから自然に排出されるようになっています。

しかし、排出しきれなった毒素を長期間に渡って体内に溜め込んでしまうと、慢性的な疲労感や頭痛、肩こり、冷えなど、更年期の不定愁訴のような症状があらわれることがあります。

また、代謝が落ちてしまうため、むくみやシミ、肌荒れなどの症状が出やすくなり、さらにどんどん毒素が蓄積されると睡眠障害や、便秘、肝臓病、腎臓病、その他の血液疾患へと進行してしまうことがあります。

 

体の毒素を抜く方法

体に溜まった毒素を抜くことを「デトックス」と言い、日本語では「解毒」と訳されています。

デトックスのメリットは、毒を抜いて体の中をきれいにすることにより、全身の血行も良くなり、原因不明の疲労感や頭痛、肩こり、冷えなども改善してくるほか、新陳代謝が活発になるので若々しさを保つこともできるということです。

体の毒素を抜くためには、次のような方法があるので、気が付いた時に実践してみてください。

きれいな水を飲む

体内の毒素を抜くための最も手軽な方法は、きれいな水を飲むということです。

水を飲むことにより、尿や汗と一緒に体の中の毒素や老廃物も排出されやすくなります。

朝起きた時と、入浴後にコップ1杯の水を飲むことを習慣化してみましょう。そのほか、日中もこまめに水を飲むようにしましょう。

一気に大量の水を飲むと腎臓に負担がかかるので、コップ1杯くらいを何度かに分けて、一日1.5リットルから2リットルを目安に飲むようにしてみてください。

また、夏は常温の水が、冬は飲みやすい程度に冷ました白湯がおすすめです。

入浴する

入浴も、自宅で手軽にできるデトックス法のひとつです。

湯船に入って体が温まると全身の血行が良くなりますが、胃腸などの内臓も温まります。
その結果、新陳代謝が促進され毒素の排出も活発に行われるようになります。

また、肝臓や腎臓に送られる血液量も増え、利尿作用も促進されるため、尿と一緒に老廃物や有害物質も排出されやすくなります。

解毒効果のある食品を食べる

私たちの体には、もともと毒素を排出するシステムが備わっています。中でも便からの排出割合は最も多く75%となっており、そのほかは尿20%、汗3%、爪1%、髪1%となっています。

そのため、体の毒素を抜く場合、便からの排出を促すのが、最も効率的と言えます。身近な食材の中でも解毒効果の高いものがあるので、積極的に食べるようにすればデトックス効果も期待できます。

ニンニク、長ねぎ、にら、玉ねぎなどは、毒素を包み込んで吸収を阻止する働きがあります。食物繊維を多く含むゴボウ、りんご、コンニャク、豆類、きのこ類、海藻類などは、有害物質を吸着して体外に排出する作用があります。

また、玄米、ごま、みかんやレモンなどの柑橘類、ブロッコリーやカリフラワー、キャベツ、大根などのアブラナ科の野菜類は、体内の解毒作用を高める食材として知られています。

体を動かす

体を動かして全身の血行を良くすることも、毒素を抜くデトックスにつながります。

ウォーキングやジョギングをして汗をかいた場合、汗腺からはわずかな毒素しか排出されませんが、老廃物を濾過する腎臓の血流量が増えるため、尿の中に排出される毒素の量も増えます。

また、肝臓の解毒力も高まるため、全身の血流促進がデトックスの促進につながります。

ハーブティーを飲む

リラックス効果があることで知られるハーブティーには、解毒を促す成分が入っているものもあります。

天然植物を煮出したものを飲むため、即効性はありませんが、ハーブティーの持つ利尿作用、発汗作用、代謝促進作用などによって、徐々に体の中の毒素が排出されていきます。

このようなデトックス効果と同時に健康・美容にも良いと言われるハーブティーには、フェンネル、ルイボスティー、カモミール、エルダーフラワー、ハトムギ、タンポポ、オレガノ、アーティチョークなどがあります。

ハーブティーを飲む時は、熱いお湯を注いだ後3~5分ほど蒸らし、有効成分を抽出してから飲むようにしてください。

また、ハーブティーを購入する時は、体内の毒素を増やさないためにも農薬や添加物のないものを選んでください。

リンパマッサージをする

血管と同じように体中を巡っているリンパ管は、余分な水分や老廃物を体外に排出する役割を担っています。

リンパマッサージは、このリンパの流れを促進することにより、効果的に毒出しをするというものです。

特に体の関節付近にある「リンパ節」は、リンパ液や老廃物が溜まりやすい場所であるため、ここを重点的にマッサージで刺激することにより、流れを良くすることができます。

リンパ節は、鎖骨の下や脇の下、耳の後ろ、顎の下、腹部、肘、膝の裏、足の付け根などにあるので、軽く撫でたり、揉んだりしてマッサージしましょう。

また、体の末端から中心に向かって流すようにマッサージしていくと、全身のリンパの流れを促進することができます。

ファスティングをする

「ファスティング(fasting)」とは「プチ断食」のことで、一定の期間食事を摂らないで過ごすことです。

期間に正確な決まりはなく気軽にできるため、最近は実践する人も増えてきました。半日だけだったり、週に1日だけだったり、ひと月に3日ほど行うという人もいます。

このファスティングを行うと、不眠不休で働いていた胃腸を休ませることができ、次の食物が入ってくるまでに臓器内に残っていた老廃物や有害物質をきれいに排出することができるため、デトックス効果があるとされています。

また、人間本来の体の機能を取り戻すことができ、ダイエット効果や免疫力アップ効果も期待できます。

サプリメントを利用する

体内の毒素と健康との関連が一般的に知られるようになったことから、デトックス作用のあるサプリメントもいくつか販売されるようになりました。

サプリメントは、全ての人に同じ効果があるとは限りませんが、食事が不規則になりがちな方や手軽に体内の毒出しをしたいという方にはおすすめです。

解毒作用のあるサプリメントとして、竹炭(チャコール)、ケルセチン、ミドリムシ、ビタミンB群、α-リポ酸、亜鉛、クエン酸、L-カルニチンなどがよく知られています。

 

【参考書籍】

体に毎日たまる毒をちゃんと抜く技術

タイトルとURLをコピーしました