セカンドライフを楽しむ

50代・60代・70代から新しいパートナーを探す方法

「シニア婚活」や「熟年結婚」が普通に語られる時代になり、50代・60代・70代から新しいパートナーを探したいという人も増えています。パートナーの探し方も、「友人に紹介してもらう」とか「結婚相談所に登録する」といったオーソドックスな方法のほか、近年ではシニア向け婚活サイトの利用やマッチングアプリによる婚活も人気になっています。
セカンドライフを楽しむ

熟年結婚の問題点(デメリット)も考慮しておこう

50代、60代以降に新しいパートナーと出会い、結婚する「熟年結婚」を選択する人が増えていますが、熟年結婚によって孤独な老後を避けられる一方、いくつかの問題点(デメリット)もあります。幸せになるための結婚が「こんなはずではなかった・・・」とならないよう、問題点についてもしっかり考慮しておきましょう。
セカンドライフを楽しむ

新しいパートナーと第二の人生を歩む熟年結婚が増加

人生100年時代。自ら一人暮らしを選択するシニアの方がいる一方で、「老後の一人暮らしはちょっと寂しい、新しいパートナーと新しい人生を歩みたい」というシニアの方も増えています。
スポンサーリンク
セカンドライフを楽しむ

一人暮らしになっても幸せに暮らすために

誰もが直面するかもしれない「老後の一人暮らし」。ひとりになっても自分らしく自由に楽しく暮らすことができれば、幸せな人生を謳歌することができます。そのために心掛けておきたい事を挙げてみましたので、参考にしてください。
セカンドライフを楽しむ

老後の一人暮らしの不安とは?

高齢になってからのひとり暮らしは幸せなのだろうか?不安はないのだろうか・・・とちょっと気になります。望んでも望まなくても老後に「おひとりさま」になってしまう可能性は誰にでもあるからです。
セカンドライフを楽しむ

高齢になってからの一人暮らしが増えている

現代日本において「高齢になってからの一人暮らし」は、誰にとっても無視できない問題になっています。すでに一人暮らしをしているシニアの方が増えていますが、夫婦ふたりきりで生活している方も、また現在は子供と同居している方も、老後はどうなるか誰にもわかりません。
セカンドライフを楽しむ

老後は誰とどのように暮らしたら幸せか

人生100年時代と言われる昨今、長い老後を誰と一緒に暮らしたら幸せか、早い段階から家族と話し合っておくことはとても大切です。子どもと暮らすのか、夫婦ふたりで暮らすのか、あるいは気ままな一人暮らしを選ぶのかによって老後の人生が大きく変わってくるからです。
シニアと健康

サルコペニア・ロコモ・フレイルを予防する方法

人生100年時代を元気はつらつと生き抜いて行くためにも、サルコペニア・ロコモ・フレイルの兆候に気づいたら、早めに予防しましょう。予防として共通するのは、「栄養のある食事」「適度な運動」「人との交流」の3つです。
シニアと健康

シニアが無視できない「サルコペニア・ロコモ・フレイル」とは何か?

いつまでも元気で楽しく暮らしたいというシニアにとって、無視できないのが「サルコペニア・ロコモ・フレイル」です。この3つを予防することができれば、健康で豊かな老後が待っていると言っても過言ではありません。
仕事と生きがい

内職・在宅ワークはどこで探す?

内職や在宅ワークを始めたいと思ったものの、どこで探したらいいかわからないというシニアの方は、まずは折り込みチラシや新聞などをチェックしてみてください。身近な案件を探すには、友人・知人に紹介してもらったり、地域の情報誌や無料求人誌なども参考になります。
タイトルとURLをコピーしました